2006年06月05日

アロマテラピー基礎

おらんだせいかつ アロマテラピー
参考

■エッセンシャルオイル■
ハーブや果実など植物に含まれる揮発性物質(芳香成分)を水蒸気蒸留などの方法で抽出したもの。マッサージなどに使う場合は必ず「Essential 100%」「Pure 100%」の表示のあるものを使う。
エッセンシャルオイルは光や熱によって変質しやすいので、保管に注意する。


■キャリアオイル(ベースオイル)■
エッセンシャルオイルを希釈する(薄める)ための材料を基剤。
<種類>
スイートアーモンド油:アーモンドの実を圧縮してしぼったもの。アロマテラピーでは一番ポピュラーなオイルです。古くから化粧品の材料として使われてきました。ミネラルを多く含むので疲れた肌に効果的です。

小麦胚芽油:小麦の胚芽から抽出するオイル。ビタミンEを多く含むので老化に効果があり、比較的酸化しにくいという性質を持ちます。少しのびが悪いので、他のオイルと混ぜるか、手で良く暖めて使って下さい。

ホホバ油:ホホバの実からしぼったオイル。さらりとした使用感でマッサージには最適。顔や髪にも使いやすいオイルです。

オリーブ油:オリーブの実をしぽったもの。料理用のものがお馴染みですが、マッサージに使う場合必ずエクストラバージンオイルでコールドプレス(熱を加えていないもの)を使うようにして下さい。乾燥肌向きのオイルです。
posted by tico at 00:09| Comment(0) | TrackBack(1) | アロマめも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

乾燥肌・敏感肌のための
Excerpt: 私は生まれつき肌が弱く新しい環境に入るとそれはよりひどくなるものでした。親は色々な人に聞いたり新聞を読んだりして様々な病院に連れて
Weblog: EDGEOVER
Tracked: 2006-06-05 21:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。